前回、「ソンバーユが首のシワにも効くらしい」という記事をご紹介させていただきました。

⇒ 首のシワにソンバーユを試してみる?シミやニキビにも効果的!

ソンバーユは、我が家にも常に常備されておりますが・・・
オロナインやニベアも、昔から当たり前のように家にありました。

今回は、このニベアに注目したいと思います。(特に、青缶!)



ニベアは、健康でしっとりした素肌を保つスキンケアクリームです。
顔はもちろん、全身に使えるのが嬉しいですね。

青缶はちょっと硬めのクリームですが、保湿力には定評があります。
私自身、どんな化粧品でもダメだったのに、ニベアで粉ふき肌が改善されたことがありました。

実はこのニベアが、首のシワにも効くという噂が!
・・・本当なのでしょうか?

ニベアで改善できる首のシワは



首にシワができる原因には、さまざまなものがあります。
加齢はもちろん、乾燥や紫外線、姿勢の悪さや高すぎる枕など・・・

この中で、ニベアで改善できるシワは、乾燥ジワに限られます。
乾燥ジワにニベアを試す場合は、そのまま塗るよりも馬油を混ぜるといいでしょう。

前述した通り、ニベアはちょっと硬めのクリームです。
馬油を混ぜることによって、柔らかく伸ばしやすいクリームに変身します。

240_F_137526299_7AMajMG4VnS5wppDITciLzTZdpAn5os3.jpg

馬油もニベアと混ぜることによって、蓋としての役割が長持ちするようになるんですよ。
馬油自体、首のシワにも効くと言われていますから、「よりパワーアップしたクリームの出来上がり!」といったところでしょうか。(笑)

ニベアと馬油は、手のひらで混ぜていきます。
この時、ニベアの方を多めにして下さい。

※馬油を多くすればするほど、ゆるいテクスチャーになります。
 自分のお好みの硬さに、調節するといいでしょう。

実際に、この方法で「首のシワが薄くなった!」という方は、かなりいるんですよ。
ニベアも馬油もお手頃価格のクリームなので、興味のある方は是非試してみて下さいね。

ちなみに、人によっては混ぜるのではなく、重ね塗りをする方もいます。
この場合は、最初に馬油を肌になじませてから、ニベアを塗ります。

最強保湿で、乾燥なし!(笑)
混ぜることに抵抗のある人は、重ね塗りの方でトライしてみて下さいね。

240_F_159802317_9TnlsKubVcS68tRW5kpmBLxTZCrFMfbM.jpg

首のシワが乾燥ジワだけではない場合は、紫外線対策や枕の見直しなども必要になります。
特に姿勢は、スマホを操作する時に気を付けたいですね。

首のシワを改善するエクササイズなどもありますので、自分の首のシワのケアには何か必要なのか、一度分析してみて下さい。

魅せられる首を目指して、一緒に頑張っていきましょう!!

関連記事